スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の足音

みるくのお兄ちゃんTeaは、晩年徐々に体が麻痺してゆき1年ほど寝たきりとなりました。

介護生活の中、Teaが部屋の中を走り回る姿やフローリングの上を歩く「カチャカチャ」いう音を、
「もう一度」と何度夢みたことか。

「変性性脊髄症」通称DMは当時ウェルシュコーギーの情報がほとんどだったのですが、
DMのキャバリアを介護された方のブログに出会うことができ、その中のお一人、
な組のhanaさんとは、何とも言えないご縁ができました。(hanaさんのブログはコチラです

hanaさんが介護されたキャバリアのはなちゃんも、Teaも、
もうお空の上でしたが、PCを通じてお話させていただくようになった当初、
hanaさんはこれぞお嬢様というようなキャバリアの姉妹と暮していらっしゃいました。

hanaさんがその姉妹、お姉ちゃんのななちゃんを闘病の末亡くされた後、
私はみるくを迎えました。

一人っ子となったhana家のひなちゃんに、「みるくを連れて会いに行きますね~」と約束していたのに、
それは叶うことなく、本当に突然に、ひなちゃんは4歳の若さで天使に。。。

私はたまらずhana家に押し掛けることとなりましたが、
hanaさんは快く私を迎えてくださいました。

何年もの間、犬の足音が途絶えることのなかった、広い広い美しいリビングに、
ポツンと2人きりで座って、キャバリア談義をした日のことは忘れられない思い出です。

それから2年。
hana家には、ここなちゃんというお姉ちゃんと、あんなちゃんという妹ちゃんが暮らしています。

2016年11月19日、みるくを連れてhana家にお邪魔しました。
ああやっと、本当にやっと会えたね(^-^)。

みるくと同じキャバリアレスキューから凪ちゃんをお預かりされ、
立派にお嫁に出されたkayo家の皆様も集まってくださりました。

あの日犬の足音の途絶えていたお部屋に、今日は笑笑とキャバリアが並んでいる。

 右から、あんなちゃん、れんちゃん、ここなちゃん、りんちゃん、みるくです。

mil_hanake02



 みるくだけ、どんくさいのバレちゃってるね(笑)

mil_hanake04



 ん~ とびきりの美人さんばかり(笑)。

mil_hanake01



幸せな時間を、心からありがとうございました。

****
善は一つも失われない
かつて存在したものは、存在し続ける
悪は空であり、無である
善は善として存在し続ける
地にてはきれぎれの弧であっても
天にては完全な円  (ブラウニングの詩より)



みるくのトリミング

今まで何度か書いてきたかと思うのですが、
私が初めて飼う犬にキャバリアを選んだ理由の1つは「トリミングの必要がないこと」。

写真集などで見かけるフルコートのキャバリアの、
いかにも「素晴らしくお手入れされています」風の優美な姿を見て、
「トリミングしなくても、こんなに綺麗でいられるんだ~」と思ったんですよね。

「トリミングの必要がない」=「お手入れしなくてもよい」
そこは私の大きな勘違いだったと思います。そんなわけないじゃん!(^^;)。

とは言っても、シャンプーはセルフ(自宅)で2~3週に1回、ブラッシングは気が向いた時。
耳・胸毛にできやすい毛玉と足裏の伸びた被毛は子供用の髪切りバサミでチョキチョキと切る。
たまにファーミネータ使ったりして。

そんな適当なお手入れでも、柔らかいシルキーな被毛は痛むこともなく、
お散歩してると「綺麗にしてますね。お手入れ大変でしょ」ってお声かけていただいたりするので、
「トリマーさんのお力を必要としなくとも、見目良くいられる犬種である」ということですかね(笑)。

さて我が家のみるくさん、夏は第2の犬生を始めた季節であります。
きれいさっぱり丸刈りにしていただき、ツルツルで我が家にやってきました。

はじめてみるくに会った時「え? キャバリア?」って思っちゃったんだった。
そこから秋・冬・春と過ごすうちに、見事キャバリアに成長いたしました(笑)。

tearose01


2014年、2度目の夏。
ほとんど冷房の効いた室内で過ごすとは言っても、やはりサッパリとサマーカットにした方が
過ごしやすいだろうと、「サロンに行こうね~」と言いながらお家バリカン。
先代Teaの残した子供用バリカンでガッーと。結構可愛くできたんですよ。
その時の様子はコチラに

2015年、3度目の夏。
すっかりレディーになりましたからね。今年こそサロンデビューをいたしましょうと、
某ショッピングモールの大きなペット館のサロンにいそいそと予約を入れ、
一丁前の犬飼いになった気分でルンルンと出かけていったんですよね。

 可愛いわぁ、美人だわぁと親バカ全開でシャッター押してました(笑)。

mil_salon


mil_salon


mil_salon


mil_salon



トリミング後、サロン帰りを気取ってみるくとわんこグッズのショッピングをしましょうと、
それはそれは楽しみに、仕上がりを待っていたんですよ。

それが。。。
トリミングが終わって迎えたみるくは何と表現したらいいのか、とにかく「変」。
キャバリアの優雅さ一切無し。

ええ言いましたとも、とにかく暑くないようにサッパリと刈っちゃってくださいって。
耳もカットしてくださいって、段入れていいですって。

でもそこはプロですもの、
それなりに程というものをわきまえてカットしてくださると思ったのが甘かった。

可愛いわんこがワラワラと歩いているこの場から、
一刻も早く去らねばという気持ちになる仕上がりでした(><)。

 お飾りをつけてくださったのですけれど、なぜにこれなんだ??? 
 でも嬉しそうですね(^^;)  トリミング台に立つ上の写真と同じ日のみるくで~す

mil_salon


残念なサロンデビューでしたが、みるく自身はもちろん気にすることなく、
涼しく夏を過ごしていたのでよしとしましょう。

細かく段カットされたみるくの耳、私も何かに似てると思っていたのですが、
ねねが爆笑しながら言いました。「ハムカツに見える~」(T▽T)

それ以来「ハムカツ」は我が家の笑いのキーワードです(笑)。

そして2016年、4度めの夏。
性懲りもなくトリミングへ。今年はゆいがいるので、抜け毛を少なくしようと思いまして。
サロンも良さげなところを選びましたし、注文のしかたも学習しました(笑)。
はい、今年はリピートしてもいいかなという仕上がりでした。

 ぼってりと、トリミング台からはみだしそう。。。
 実は運動不足で太っちゃって(><)。

mil_salon



ちなみにアニマルセラピーの活動では、みるくの柔らかな被毛の手触りを喜んでくださる方が多いので、
耳と足先は適度に伸ばしています。

トリミングというと思い出すこと。

今から思うと過保護だったな~と思うのですが、Teaはビビリだったので、
トリミングで何時間も預けるなんて相当なストレスだから無理だと思っていて、
生涯トリミングに連れて行ったことはありませんでした。

ある夏どうにも暑そうで、バリカンもないくせにちょっと刈ってあげようかしらと、
人の髪切りバサミでチョキチョキ、チョキチョキと全身を刈ったんですよね。
これがやり始めると止まらなくてね。

失敗でしたね。表現するなら、お腹をすかせたハイエナくん。
(もう老犬となっていた頃だったので(^^;)、その後バリカン買いました)
何週間かは人目を避けて、日が落ちて暗くなってからしかお散歩に行けませんでした(^^;)。

でもね、どんなにみっともないカットをしてしまっても、ちゃんと美しいキャバリアに戻ります。
わんこって皆、そういうものなのかな!?

あ! もう一つ思い出した!
団子になったしぶとい耳の毛玉を切るのに、毛の生え際がよく分らなくて、
ちょぴっと耳のお肉に切り込み入れちゃったことが1度。。。

ハサミは横に入れてはなりません。必ず縦に入れましょう(^^;)。
Teaちゃん、みるくには内緒だよ。

そうそう、今年久しぶりに「Wan」のキャバリア特集号が発売されましたね。
これぞキャバリア! という表紙とコピーに、もうニンマリ。

 DEMELのザッハトルテと一緒にねねが買ってきてくれました

wan



****
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル……。
これ以上ないくらい高貴かつ由緒正しいであろう犬種名と、
風になびく優雅な飾り毛、そして大きく潤んだ瞳が魅力的な犬です。

しかしその真の姿は、好奇心たっぷりでやんちゃ&甘えん坊でいたずら好きという、
まさに「末っ子タイプ」。

そんなキャバリアに魂を抜かれる飼い主さんは、後を絶たない模様です。
あまりのかわいさに、一度ハマると抜け出せないキャバリア・トラップ。
存分に味わっていただきましょう!
***


けしてブームになることなく、キャバフリークが増えるといいなぁといつも思ってます。

そして忘れないで。
キャバリアは先天性、遺伝性の疾患が少ないとは、とても言えないこと。
重い病気に苦しむ子を、どうかどうか生み出さないで欲しいのです。

Teaだけで言っても、
角膜異常、中耳炎に外耳炎、膿皮症、心疾患、クッシング症候群、変性性脊髄症。

並べてみると病気のパレードだったように思えてしまうけど、
Teaちゃん、あなたに出会えて本当によかったと、いつもいつも思っているよ。

tea2016-1


拙ブログ始まりの9月の記念に。
キャバリア・キングチャールズ・スパニエルへ、愛を込めて。

一人っ子の幸せは

2016年1月、ねねに娘が誕生し、我が家に1人家族が増えました。

いちおう、私はおばあちゃんになりました。ははは。。。
母はひいばぁです。

ねね夫婦は同居しているので、小さい、本当にちいさな家に四世代が住むことになりました。
あ、プラス犬一匹(笑)。ぎゅうぎゅう(><)です。

saya002


新メンバー、このブログの中では「ゆい(結)」と呼ぶことにいたします。
ひいばぁがその名前で覚えてしまったから(^^;)。そして家族を新たに結びつけてくれる存在だから。

ゆいが初めて家にやってきた時、みるくは「見せて! 見せて~」とそれは大興奮で、
ベビーベッドに寝かせた時なんて、覗き込むために後ろ脚だけで立ち上がり、
前にいったり後ろに下がったりウロウロ歩き始めたのでビックリ!

2本脚で歩く姿なんて一度も見たことがなかったんですよ。
写真に収めることができなかったのが本当に残念。

あくる朝、ゆいはまだ部屋に来ていないのに、ベビーベッドが気になってしかたがないみるく
自分が上がれる一番高いところから見張っています(笑)。

saya003


ゆいねねのお腹にいる間、毎日ねねに寄り添っていたみるく
きっとゆいの存在をねねの次に感じていたんじゃないのかな。

犬には胎児の心音が聞こえるそうです。双子だった場合、
もしわんこが一緒だったら一番はじめに気づくのはわんこなんですって。

saya001


生まれた時から犬がいる。
その憧れの生活が、今現実のものとして我が家にあります。

ありがとうね。

****

子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

****


みるちゃん、どうかどうか長生きしてね。

saya004


さてさて、大歓迎でゆいを受け入れてくれたみるく
だがみるくさん、その時は知らなかった。一人っ子の幸せが終わりを告げていたことを。。。

saya005


つづく。。。(^-^)

犬の歯医者さん

犬の歯は通常、全部そろうと42本です。
(乳歯は28本なんですって、TEAはどうだったかなぁ)

内訳は、
 前(門)歯 上下6本づつ=12本
 犬歯 上下2本づつ=4本
 前臼歯 上下8本づつ=16本
 後臼歯 上4本下6本=10本

それぞれの歯にはちゃんとそれぞれの役割があります。
前から順番に、

前歯は、咥えて噛み切る歯で「切歯」とも言います。
野菜スティックなど、どうぞと差し出すと、前歯で食いちぎろうとしますよね。

犬歯は歯の中で一番長く、先端が鋭く尖っています。
前歯の両側にある、いわゆる牙。
これは闘うための歯。だから一番大事と言われるのかな。

前臼歯は食物を切ったり固定したりする役割を果たします。
食べ物をがっちり咥えて運ぶのはこの歯なのだそうです。
おやつを咥えたまま、隠し場所を探してウロウロしている時は、
大抵この歯で持っているんですよ(笑)。

後臼歯は人間の奥歯と同様、上面がすりこぎ状になっており、食物をすりつぶすためのもの。
くっちゃくっちゃ、くっちゃくっちゃ、ガムをかじっているのは、この歯ですね。

****

我が家のみるくさん、劣悪パピーミル育ちの例に漏れず歯抜けさん。

上前歯2本のみ、下もスキッ歯。前臼歯全て無。
奥歯は状態悪く、何本あるのかよく分からず。

 だからほら、寝てるとチロって可愛くベロがでちゃうのよ(^-^)

mildenta8



私の知るかぎり一度も牙をむいたことはないけれど、
そして今後も必要ないと思うけれど、犬歯は4本しっかり残ってます。

 ヨッシー(スーパーマリオのキャラ)みたいと言われる笑い顔。
 たぶん歯が無いせいなんだな。でも可愛くて好き

mildenta4


mildenta5



たぶん狭いケージに閉じ込められたまま、ガリガリと柵を齧っていたのでしょう。
残った歯も欠けていたり、状態がとても悪かったです。

 分るかな、前臼歯無し。
 ごはんのお汁がモレちゃうから、お口のまわりが茶色くなっちゃうのよ。

mildental0


歯磨きはもちろん、乳酸菌やら、クマザサエキスやら頑張ってみたけれど、
全く役たたず。

 ねねったら、よだれが臭いからって、ビニール手袋して歯磨きするの(^^;)

mildental



病院の診察やトリミングの際にスケーリングしていただいたりもしましたが、
口臭もひどくなってきました。

はじめてみるくを見ていただいた獣医さんは、
「悪い歯は抜けてしまえばいいんですよ。
 犬は丸飲みだから歯がなくても大丈夫。」っておっしゃってました。

よくそう聞きます。
歯茎だけでも固いガムだって噛めるって。

 ほらほら、器用にガムを噛めるのよ。あ、口臭予防に炭入りね(笑)

mildental3



でもね、できるだけ残してあげたいじゃないですか。
「治療=抜歯」だと思っていた私は躊躇していました。

今年でみるくは、申告された年齢で数えてもシニアに入ります。
2009年生まれ、もう7歳! 本当に早いなぁ。

手術、全身麻酔等々を考えると、ここが思い切り時だと思い、
通える範囲で歯科治療に力を入れている動物病院を探しました。

4月2日、初診。
初診は問診、お口の中の診察と口腔のレントゲン。

割れかけ触るとグラグラと揺れ、どう見ても抜かなければいけない後臼歯が1本。
本当は奥歯全部抜きますって言われるかと思っていたので、ホッ。

抜けてしまっていたと思っていた前臼歯は、レントゲンを見ると、
もともと生えていなかったのではないかと先生はおっしゃっていました。

歯周病のリスクをなくすためにできるだけのことをしていただくことにしました。
抜歯と頑固な歯石除去があるので、全身麻酔です。

やはり全身麻酔を不安に思う飼い主さんは多いけれど、
歯科治療の麻酔は弱く、管理しながら施術をするので大丈夫ですと言われました。

4月23日、手術の日。
朝イチ(10:00)からおあづかりで、後はお任せとなります。

あ、朝ごはんヌキ。
みるくは朝、大抵起こすまで寝ているので出かけるまで寝せておきました(笑)。

午前中に血液検査、レントゲンによる心臓の検査をして、問題がなければ午後から手術。
お迎えは17:00頃になりますということ。
問題があった場合は中止、電話連絡を受けることになります。

ただドキドキと待っていてもしょうがない。
そこは割り切って、病院から30分ほどのアウトレットへGO!
気をまぎらわすのにはお買物が一番、ここぞとばかりに買い込んでしまいました(^^;)。

お昼前後連絡はなく手術に入ったのだなと、それからは途中何かないかとドキドキ。
16:00頃、そろそろ病院の方へ向かおうかと車に乗ったところで電話が。

「手術は無事に終わって、今はみるくちゃん麻酔から覚め、しっかり歩いてます」
「ありがとうございます!」心底ホツとしました。

お迎えは17:00過ぎにと言われましたが、早くみるくに会いたくて、ちょっと前に到着。

朝と変わらぬみるくがトコトコ歩いて来ました。
抜歯は1本の予定でしたが、施術中他2本も残せず抜かざるを得なかったと。

けれど残った歯はびっくりするほど白くなって、
ああ、みるちゃんの前歯、そんなに長さがあったんだね。
口臭は噓のようになくなりました。

5日間は抗生剤を服用。歯磨きは1週間後の検診が終わってから。

ちょうど春の健康診断の季節だったので、術前検査でいつも健康診断で行っている、
心臓の検査、血液検査ができてしまい、一石二鳥だったんですよね。
狙ったわけではなかったので、行動に移した時期が「ナイス! 自分」でした(笑)。

5月1日、手術後の検診。経過良好。回復は早かったようです。
後は3か月に1度のペースで検診。

歯科治療費。初診、術前検査、抜歯、歯周病治療等々、計10万円越えです。
みるくは保険に加入しているので、その半額負担でしたが、決して楽に払える金額ではありません。

歯のお手入れについて意識の高い飼い主さんの愛犬であっても、
年を重ねればきっと歯科治療は必要となってくるものだと思います。

犬の歯は人間のそれよりも、歯石がつきやいすいと言うけれど、
それとは別にキャバリアは、歯が弱い子が多いような気がします。

歯科の先生に教えていただいたこと。
ごはんの後は、お水をたっぷりふくませたコットンやガーゼでお口の中をぬぐってあげること。
カップにお水を用意してガーゼをすすぎながら、くちびる(っていうのかな?)と歯茎の間をよ~くね。

 まったく。何種類歯ブラシを揃えたかわかりません(笑)

mildenta2



写ってませんが、たんぽぽ歯ブラシが一番です。
よろしかったら、コチラ(わんこだって歯は命)もご参照くださいませ。

みるくのお仕事

犬というものは皆、犬種ごとにお仕事を授かり、
そのお仕事に相応しい能力をもって生まれます。

わたしは、キャバリアという犬です。

犬にしてはめずらしく、お仕事を授からず、
ただただ可愛がられるためだけに生まれたのだと言われています。

mil161


しかしですね、キャバリアにも授けられたお仕事があったんですよ。
そ・れ・は、『貴婦人のおひざを温める』こと。

キャバ、キャバといわれる私の本当の犬種名、
『キャバリア・キングチャールズ・スパニエル』は、
イギリスの王様に愛でられたことに由来しています。

「きゅうてい」っていうところで暮らしていたのですよ。ふふふ。

『ヴィクトリア女王-世紀の愛』という映画をご存じですか?
(ちょっとこしょばゆいタイトルですね(笑))

キャバリア(たしかトライ)が、じょおうさまの愛犬として、
スクリーンにどどーんと登場しています(本当にどど-んとアップで)。
戴冠式の直前に、愛犬を自らお風呂に入れるシーンがあるんですよ。

「そのようなことは、ご自分でやられなくても」という人に、
じょおうさまはおっしゃいます。「家族ですもの」って。

 こちらがヴィクトリア女王の愛犬ダッシュだといわれています

mil131


わたしのお母さんは、わたしをお膝にのせている時、
貴婦人になったつもりでいる様です。 くすっ。

ちょっと脱線しましたが、現代のにっぽんに生きるわたし。
「働かざる者食うべからず」という痛い言葉がありますが、
ただ飯はくってません。

私のお仕事は、おばあちゃんのお話し相手。

ああ、おばあちゃんの手から香しいクッキーがみるくのお口に運ばれるまで、
目を輝かせひたすらおばあちゃんを見ています。

みるくと見つめあうことは、おばあちゃんの脳にとても良い影響を与えるのだそうです。
お母さんはそんなみるくの力を、もっと役立てようと考えました。

家族と離れて「しせつ」というところで暮らす、
おじいちゃま、おばあちゃまのところへお話をしに行くことにしました。

ある日のこと「しせつ」のかかりの人に、
「皆さん、お話はむずかしいかもしれません。」と言われたお母さんは、
ちょっと緊張していました。

大丈夫、みるくに任せてちょうだい!

「あらあら、綺麗な子だわねぇ」  でしょ、でしょ♪
「おじいちゃんが犬が好きでねぇ、家にもいたのよ」 

お話しされないと言われたおばあちゃま達はとてもおしゃべりです。
お母さんもとても嬉しそうです。

みるくのお仕事は、お友達に会えるし、いつもよりおやつがいただけるし、
可愛い可愛い言われるし。。。

「またきてね」 かならず、そう言っていただけます。
なんて、なんて、ブラボーなお仕事でしょうか。

 喜ぶ人のお顔をたくさん見られた夜は楽しい夢が見られます

mil162


お仕事の仲間がもっともっと増えるといいなぁと、みるくは思います。

おかあさんが、みるくのお仕事のホームページをつくりました。
アニマル&セラピー・グレース
(URL:http://animaltherapygrace.web.fc2.com/)


みなさんに見ていただけたら、みるくはとても嬉しいです。

 今年もお仕事頑張ってねって、ねねがお年玉をくれました

mil160



 まあだけど、お家でこうしているのが一番好きなんですけどね(笑)

mil163



プロフィール

rino

Author:rino
船橋市在住

Tea♂=僕→主役
2000年2月生まれ
2012年6月虹の橋へ

Milk Tea♀=僕の妹
2013年7月保護犬として預かり
2013年9月家族となりました

ねね→僕のお姉ちゃん
ばば→僕のばあちゃん
ママ=私→管理人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。