スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塔の上のラプンツェル

ディズニー映画“塔の上のラプンツェル”
ピクサーに流れてからのディズニー映画はあまり好きじゃなくなっていたけれど、
この映画は、ディズニー映画の王道が期待できそうなので楽しみにしていました。

1年前の今日、2011.3.12(土)が劇場公開でした。
そう、昨年3.11の大震災翌日が公開日だったのです。

震災直後は“娯楽”だとか“夢”だとか消えてしまったかの様に思えたけれど、
5月も終わり頃、ねねのお誕生月だということもあって、
久しぶりにランチして映画見ようかということになりました。

まだラプンツェルが上映されているというので、イクスピアリへ。
吹き替え版の2Dでしたが、ディズニー映画は吹き替えで見なきゃというねね

見終わって2人とも、「見てよかったね~」。

ギャグとアクションとロマンスの配合は抜群で、
なんといっても、アラン・メンケンはやっぱりすばらしい。

王国の民、みんながいなくなったプリンセスのため、
毎年彼女のお誕生日に燈して上げるランタン。
劇場で見るそのシーンは本当に美しく素晴らしかった。

rapun



3.11
あの日奪われた多くの命は、この明りの様に上り天に迎えられ、きっと安らかであると思います。
どうか残された方々の悲しみが癒され、優しい明りが灯ります様に。
  震災から1年に寄せて。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rino

Author:rino
船橋市在住

Tea♂=僕→主役
2000年2月生まれ
2012年6月虹の橋へ

Milk Tea♀=僕の妹
2013年7月保護犬として預かり
2013年9月家族となりました

ねね→僕のお姉ちゃん
ばば→僕のばあちゃん
ママ=私→管理人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。