老犬生活ガイド本

hon04



ガイド本。

もちろん本の内容(載っている情報)が一番大事ですが、
本のデザインが、「好きだな~」と思えるものを購入します。

紙の質、文字の書体、イラスト、レイアウト etc.

hon05



この本は内容もさることながら、ページ毎にレイアウトが違って、
めくるのが楽しく、ずっと眺めていられます。

読んでいて、シニアのフードについて、
1つ(だけではないのですが)そうなんだ! と思ったこと。

大粒をチョイス

つい食べやすいようにと小粒を選んでいました。
よく噛むということは、やはりとても大事なこと。
噛まないと飲み込めないように大粒チョイス。

私は、Teaがおじいさんになってから、このような本を読み始めましたが、
まだ若いわんこを育てている方に、是非一度読んで頂きたい本です。

さぁ、今日はTeaのフードを買いに行って、
チューリップを植えましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして♪

文字と写真のバランスが良くてとても読み易そうな本ですね。
ウチのキャバは2004年2月生まれなので、今7歳9ヶ月ですが、
是非、読んで 少し頭に入れておきたいなぁと思いました。

Re: No title

hiroy 様

はじめまして、コメントありがとうございました。(^-^)

フランちゃんの眼科検査の記事読ませていただきました。
キャバリアは心臓もさることながら目の病気もホント多いですね。
Teaももともと角膜ジストロフィーがありました。今も毎日目薬です(><)。

老犬生活のカギは「気づいてあげること」とありました。
10歳過ぎても子供にしか見えないけれど、
人よりもずっと早いスピードで老化は進んでいくんだと実感しています。

フランちゃん、まだ若いルピ子ちゃんもお大事にしてください。
ぜひまた、ご訪問ください。
プロフィール

rino

Author:rino
船橋市在住

Tea♂=僕→主役
2000年2月生まれ
2012年6月虹の橋へ

Milk Tea♀=僕の妹
2013年7月保護犬として預かり
2013年9月家族となりました

ねね→僕のお姉ちゃん
ばば→僕のばあちゃん
ママ=私→管理人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示