スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま!

今から13年前の4月、小さな手さげのダンボールに入り、
我が家にやってきたキャバリアの男の子。

血統書名に「Seaside of Y.」(笑)ってついているので、
きっと海辺にあるお家で生まれたのだと思っていました。

そして今再び、小さなダンボールに入って、
遠く南の“うみべのいえ☆”からやってきました。

“うみべのいえ”には魔法使いが住んでいるんですよ。
その名も“ちゃあ”さん。

 ただいま~

tea2017


Teaが逝ってしまった後、何度となく、
羊毛フェルトの作家さんにTeaをお願いしたいなと、思ったのですが、
今以上Teaに執着するのは、Teaのために良くないんじゃないかと思って止めていました。

でも大好きな、ももちぇりさん家のbebeちゃん(“黒ラブbebeとずっと一緒☆”)の分身を拝見し、
あまりにそっくりで(お写真を見てbebeちゃんだと間違えちゃいました)、
涙が出るほど可愛くって、どうしてもTeaの分身をちゃあさんにお願いしたくなりました。

年に2度程しかオーダーを受けていらっしゃらないということですが、
タイミング良く3月の受付け間近だったんです。

ダメだったら1度きりで諦めようと思っていたのですが、
運よくお願いすることができ、更に、大人気のちゃあさんですから、
お届けは夏を過ぎる頃かなぁと気長に待つつもりでいました。

それがもう、この手の中にあるなんて

全ては“ちゃあさん”のご尽力なのですが、
Teaが「早くママのとこへ帰るんだ!」って、走ってきてくれた様に思えてならないのです。

本当はずっと、Teaにとって我が家が、
帰りたい場所であるかどうかの自信がなかったんです。

tea2037


今は自信を持っていいのかなって思ってます。この笑顔ですもの。
ちゃあさん、本当にありがとうございました。

そして、可愛いbebeちゃんの分身に会えなかったら、こんな幸せを味わうことはなかったでしょう。
ありがとう、ももちぇりさん、bebeちゃん。

病気のため、すっかり毛がなくなって骨と皮だけになっていた“しっぽ”。
体は動かなくなっていったけど、最後までしっぽは動いてた。

tea2027


しっぽで上手にお話ししてくれたよね。こんなにフサフサにもどったよ。

tea2057


Teaちゃん、鼻の下黒いよ」っていっつもねねに言われてたよね。
きっとまた言うよ(笑)。


tea2047


おかえり! 素晴らしい春の訪れです

スポンサーサイト
プロフィール

rino

Author:rino
船橋市在住

Tea♂=僕→主役
2000年2月生まれ
2012年6月虹の橋へ

Milk Tea♀=僕の妹
2013年7月保護犬として預かり
2013年9月家族となりました

ねね→僕のお姉ちゃん
ばば→僕のばあちゃん
ママ=私→管理人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。