FC2ブログ

迷子のCUUちゃんに寄せて思うこと

この3連休の間にディズニーシーのレポートをアップするぞ~!
と、はりきっていたのですが、予定変更です(別に待っている人はいないんぢゃ?(^^;))

多分ご存知の方が多いのではないでしょうか、「迷子のパピヨンCUUちゃん」を。

何かお手伝いをさせていただいたわけではないので、ここに詳細を載せることは控えなければと思いますが、
まだご存知ない方がいらっしゃったら、知っていただく機会になればと思って、
保護されたわんちゃんのお名前出させていただきました。

ここ2、3日、その行方を拝見していて、保護犬について改めて深く考えさせられました。

病気になったから面倒はみれない。引っ越し先に連れていけないからもういらない。
Teaが元気な時、そんなお話を目にする度に思ってました。
私がそんな立場になった時「そんな事は絶対にしない!」と本当に言えるのだろうかと。

正直、今でも自信はありません。何が起こるか分からない世の中ですから。
でもそうなった時に、助けることのできる環境を作るための力になりたいと、
気持ちを新たに持ちました。

以前の日記をもう一度ここに、載せさせていただきます。
2011.11.10 狂犬病予防注射についての日記でした。
(ああ、これも11月だったんだなぁ。)

***
ただのいぬ。

子犬のモノクロ写真&詩集なのですが、そこに写るのは皆、
動物愛護センターに保護されたわんこ達です。

どのページもまだパピーの様で、だからでしょう、
皆「譲渡犬」であり、悲しい本には感じません。

ただ詩が、胸にチクリとささります。

 ふまれた草はいいました。
 痛いとか
 悲しいとか
 みじめなのではなく

 ふまれなかった草と
 何がちがうのか
 それだけを
 教えて欲しいと


こんな気持ちを胸に、虹の橋を渡った子がいったいどれだけいるのでしょうか。

狂犬病は罹ってしまったら、間違いなく死に至る恐ろしいものです。
日本は根絶しているとは言っても、いつまた復活するかも知れず、
予防をしなければならないというのは、確かにそうだと思います。
でも、それを犬達に背負わせるのは、果たして正しい事なのでしょうか。

tadanoinu



このポスターに写っているわんこさんの胸に下がっているのは、
センターに入った際に付けられる鑑札でしょうか。
この画像では見えないけれど「28」とあるんです。

 番号がついた

 ぼくは7月に生まれたから
 ジュリー、
 って
 そうよばれてた

 番号がついた
 番号がついた
 番号がついている


Tea、Teaすけ、Teaちゃん、おぼったん、ぼ~く、
今まで何度呼びかけたことでしょうか。

最後の時まで呼び続けているからね。

***

約束は守りました。最後の最後までTeaの名前を呼び続けました。
そうできた私達は幸運だったのだと思います。

そして今も呼び続けています。

Teaちゃん、おはよう。
Teaちゃん、おやすみ。

それが、家族です。

プロフィール

rino

Author:rino
船橋市在住

Tea♂=僕→主役
2000年2月生まれ
2012年6月虹の橋へ

Milk Tea♀=僕の妹
2013年7月保護犬として預かり
2013年9月家族となりました

ねね→僕のお姉ちゃん
ばば→僕のばあちゃん
ママ=私→管理人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示