FC2ブログ

犬のくち

とっても、たいへん、ひじょ~に、お恥ずかしいことなので、
本当は隠しておきたいのですが、これは残しておかねばなるまいと、
恥を忍んで告白いたします(^^;)

Teaが2~3歳の頃だったと思います。

水色のでかいカラーを付けたTeaが、よだれを垂らさんばかりに見上げるその上で、
私はみたらし団子を食べておりました。

みたらしのタレをきれいにはがしたお餅の部分だけ、チョイとTeaにおすそわけ。
ネチネチの食感をそのまま表現した食べ方をするTeaが可愛くて、
あげてはならないと思いつつ食べさせる悪い飼い主。

そんなことしてるから、ほら、
みたらしのタレがポタリとカラーのTeaの口元に落ちました。

やばいやばいと、そのタレを拭こうとカラーに手を伸ばした瞬間、
Teaにがっつり噛まれました。

天から落ちてきたご馳走を奪われれてなるものかと、
我を忘れたTeaの本気ガミでした。

いけないことをしたということは理解しているらしく、
「ハウス!」の私の激怒の声に、Teaはおとなしく反省室に入り、
お許しが出るまで、フテ寝してたな、確か。

(余談ですが、Teaのゲージはいつの頃か反省室としてのみ使われる様になりました)

私の傷は、右手のトーサン指と、カーサン指の間。ひどくはないけれど深かったんですね。
みるみるうちに、腫れ上がり、いわゆるドラエモンの手になってしまいました。

マキロンで消毒。オロナイン塗って、絆創膏貼って、氷で冷やしてあとは湿布。
飼犬に噛まれたからと、病院に行くのはどうにも恥ずかしく、1日は我慢。

ところがだんだん手の色が変わってくるし、傷口から得体のしれない液体が出てくるし。
(血液ぢゃなく、自分が宇宙人なんじゃないかと思えたくらい緑色してました(笑))
壊疽かもしれん! と、仕方なく外科へ行きました。

外科のY先生。傷口をギューギューおして「あ~膿んでるね~」って、
茶色い消毒薬ポンポン塗りながら、一言。

犬の口は汚いんだよ

私はその時まで、露ほどもそんな事考えたことありませんでした。
毎日チューチューして、顔は舐められるがまま。

理不尽にも、その一言で「この先生嫌い」(笑)

そして「破傷風の予防注射やってる?」と聞かれたのですが、
そんなの自分の記憶にある限りは無く、「やったほうがいいよ」とおっしゃいます。

破傷風の注射をするには承諾書を書かなければなりませんでした。
血液製剤なので、HIV感染のリスクがあるからと。

「どうする? 犬の口は本当に汚いんだからね」と選択をせまられ、
Teaに限ってそんなことは無いと思いましたが、
腐りかけのドラえもんの手を見ては、承諾書を書くしかありませんでしたね。

おまけに、3日間抗生剤の点滴に通院。
甲斐あってか、人の手に戻りました(^^;)

私の右手には今も傷が残ってます。さわると微かに盛り上がっていて、
ぐいぐい押すとチリッとします。痛~い思い出ですが、今はそれすらも愛おしいのです。

 ごめんなちゃい

tea099


さて、外科のY先生。
それから数年後に私はまた再会することになるのですが、それはまたのお話で。。。

スポンサーサイト



プロフィール

rino

Author:rino
船橋市在住

Tea♂=僕→主役
2000年2月生まれ
2012年6月虹の橋へ

Milk Tea♀=僕の妹
2013年7月保護犬として預かり
2013年9月家族となりました

ねね→僕のお姉ちゃん
ばば→僕のばあちゃん
ママ=私→管理人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示