スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩バッグ

空が青くて。
あんまり青くて。

この季節のわんこ散歩が大好きだったなぁと思った。

みるくがお散歩の楽しさを覚えたのもこの季節だったね。

 むりでしゅ~、あるけませ~ん(><)

mil057



こんな顔して引かれながらお散歩していたのに、

 お散歩って超楽し~\(^o^)/

mil053



いったいいつ、何がきっかけでこんな顔に変わったんだろうなぁ、と今でも思う。

みるくのお散歩バッグ。
最後にお散歩から帰ってきた、そのまんまにしてあるの。

 みるくが脱いだお洋服、はずしたリードもポンと入れたそのまんま。

sanpo01



 さすがにお水は捨ててありました(笑)

sanpo02



ランドやシー(ディズニー)に行くたびに、可愛いペットボトルお持ち帰りしたり、
お散歩バッグにつけたくて、てるてる坊主のピンバッジgetしたりね。
(ゲームのハズレの景品で雨の日限定なのです(笑))

写真を撮っておこうと思ってね。
玄関の収納場所からやっと取り出して、触れることができました。

泣けるほど、大事なもののひとつだよ。
スポンサーサイト

パリの着せ替えどうぶつ人形

ドゥミ・プラスさんの着せ替え人形。
以前から「いいなぁ」と思っていたんですよ。

「欲しいなぁ」というより、私も作ってみたいなぁと。

作者の今野はるえさんは、パリ在住でいらして、
蚤の市を巡り、アンティークの生地や小物を集めて、
着せ替え人形を作っていらっしゃいます。

受注販売されたり、日本に帰国されてワークショップを開いたりされている様でした。

それがなんて太っ腹なことに、その創作ノウハウを、
「パリの着せ替えどうぶつ人形」と題して出版してくださったのです。

 もちろん、勇んで買いましたとも(^-^)v

doll012



 「犬」もいます(笑)

doll011



今野はるえさんのお人形は、ちょっとシュールな感じがします。

人形自体は、型紙はそのまま。
生地は粗目のリネンを選びました。(2色あればヨシ(笑))
ブレンの茶色が少し濃すぎるなぁと思ったのですが、
今すぐに! 作りたかったので(笑)、そこは妥協です。

doll013


チョコチョコとアレンジとなりましたが、
どうにか出来上がりました。

doll001



顔をいかに「みるく」らしくするのかが課題でした。

やっぱり、目の刺繡が難しい。。。
位置や、大きさ。シンメトリーにするのは大変です。

doll002


でもね、みるくの目の大きさって左右結構違っていて、
まん丸でなく、ちょっと崩れた感じもみるくっぽいと自己満足なのです。

手の位置が下すぎたかなぁと思っても、
「みるちゃんは、なで肩だったからいいかぁ」とか(笑)。
(結局お洋服の着こなしがイマイチになったので、付け直しました)

今まで特に何を作るわけでもなく、趣味で集めた生地。
(いや、その時は○○作ろうと張り切って買ったんですけど手つかず(^^;))

みるくのスヌードに使ったものもあります。
押し入れから引っ張り出して、しばし感傷にひたり。。。

1着目は、全て手縫いでワンピースを作りました。

doll003


 切りかえ部分が下すぎて野暮っくなりましたけど、可愛いでしょ。

doll004



本当は全て手縫いで作りたいんですけど、
次の日に首がコリ固まって何もできなくなるから無理だなと。
そこも妥協して、スカートや厚めの生地はミシンでね。

doll005


doll006


1つずつ出来上がる毎にタグを付ける時が幸せ。
これはね、みるくに縫ったスヌードやお洋服につけるため、オーダーしたリボンなのです。

doll009


doll010


活かせる物ができて、本当によかった。

むか~しマイブームだった、ビーズアクセサリー。
ブレスレットとして作ったものが、ネックレスにピッタリ(^-^)。

doll007


doll008


ビーズや、スワロのパーツも山ほど眠っているので、
アクセサリーもたくさん作らなきゃ(笑)。

お人形もトライ、ブラタン、ルビーと揃えようとか、
これも作ろう、あれも作ろうと、野望は広がり。。。

ひと針、ひと針、みるくを思いながら。

行き場を失ったみるくへの思いがパンパンで苦しかったけれど、
開放できた気がします。

あ、Tea Σ(゚▽゚;
もちろん、Teaちゃんのことも、沢山思ってるよ。

でもほらほら、分かっていると思うけど、
着せ替え人形は女の子のものだからね! 

そこのところ、よろしくね(^-^;)。

クリスマスローズ

みるくをなくしてしまったあの日、何もできなかった自分。

いえ、できなかったどころか、
どんどん悪い方へ、悪い方へと向かってしまった自分を何度も思い出しては、
「ああ、あの時、私がこうしていたらきっとみるくは元気でいたはずだ」
みるちゃんごめんね、みるちゃんごめんね。。。

そんな身をよじるような時があります。
もうそれはそれで、気のすむまで後悔し続けるしかない。

4月のある日、またそんな気持ちになっていた時、
みるくへと、可憐な花籠が届きました。

「こんな風にキャバリアと暮らせたらどんなに幸せか。」
そんな思いでいつも拝見しているキャバズのおかあさんから。

お庭で花ひらいたピンクのクリスマスローズをアレンジしてくださって、
「みるくちゃん、喜んでくれるといいな」って。

我が家に2株しかないクリスマスローズ。
ずっと花をつけずにいたのに、みるくを迎えた後1株が花をつけました。
だからクリスマスローズはみるくのお花。

そんな話を、覚えていてくださって、本当にありがとうございます。

ピンクのクリスマスローズにムスカリ、雪柳、ビオラ、ヘデラ。。。
早春の幸せなお庭がそのまま届けられたようでした。

0402


0401



パピーミルで繁殖犬として生まれたみるくは、
狭く暗く汚れた部屋で、誰にも知られず消えてしまう命だったかもしれない。

それをこうして、みるくという子として、愛しく思ってもらえるようにできたこと。
泣くことはない、泣くことはないよ。

1株が花をつけてからまた2年。すっかり荒れた庭の片隅で、
頑固に花をつけずにいたもう1株に白く花ひらく姿を見ました。

「あ!」

0403


0404



寒い朝なのに、パジャマのまま素足で庭に降り、
みるちゃんだね、みるちゃんだね、ってつぶやく私(笑)。

そうやって、命は巡っていくのだと、
また、みるくが教えてくれました。

ほんとに、ほんとに大好きだよ。

ファーストシューズ

伝い歩きをはじめたゆいが、好きだった遊び(遊び?)

ソファーで寝ているみるくをムギュっとして、
「だめだよ、優しくだよ」と言われるが早いか、ソファーを伝って横にササッと逃げる。

それがかなりブームでした。
ゆいがどこを触ろうとも、どう握ろうとも、唸ったりすること一つもなかったね。

みるちゃんは気づいていたかな。
横にしか移動しなかったゆいが、一歩、二歩と前に歩くようになったのを。

おかあさんは、ゆいみるくのリードを持ってお散歩する日を、
毎日毎日想像してはニマニマと、幸せな気持ちで待っていたよ。

ゆいの初めてのクリスマス。サンタクロースからのプレゼント。

 ファーストシューズ

201702-06



そして、

 みるくとのお散歩用シューズ

201702-04



嬉しいはずのゆいの靴を見て、
おかあさんは、また涙がこぼれてしまった。

でも赤い靴をはいたゆいと、イクスピアリに行ったら河津桜が咲いていたんだ。

201702-01


 その下にはクリスマスローズが

201702-02



クリスマスローズはみるくのお花と決めたよね。
そうそう、やっぱりバレンタインの季節→★だった。

みるくに、一緒にいるよと言われた気がして嬉しかったよ。
これからも、ゆいのあんよを見守っていてね。

 う~む。3頭身くらいだな。。。

201702-03



いつもの朝と立春

毎朝6:00。横でグーグーブーブ寝ているみるくをベッドに残し、
朝の支度をするために階段を降ります。

7:15頃。自分の支度がすべて済んだら、みるくを起こしに階段を昇ります。

階段の昇り降りは教えませんでした。
最初から最後まで抱っこで上がったり下がったり。

ベッドから降りることも教えませんでした。
目が覚めていても、ベッドの上で待っていました。

起こすとまず、ぐーんと伸びをするみるく。
背中をストレッチした後に、なぜか片足だけアラベスクのように伸ばしてたね。
そして抱っこされるまで、しっぽをフリフリ待っている。

“ルーティン”という言葉が流行ったけれど、
幸せな朝のルーティン。

みるちゃん、
未だね、おかあさんの枕の隣のクッションは冷感素材のカバーをしたままだよ。
未だね、おかあさんは狭いシングルベッドのさらに狭い右半分で寝ているよ。

朝、みるくのお世話をする時間が空いたからね、
ラジオ体操でもしようかなと思ったけど、冬の朝、まだまだ寒くてね。

湯たんぽを買ったのだけれど、
お湯を沸かすのが面倒であまり使ってないの。

でも今日はもう立春なのよ。49日。。。
そろそろ、時計の針を動かして前に進まなきゃね。

***
みるくへと沢山のお花をいただきました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

みなさま「みるくちゃんをイメージして」って言ってくださったの。
お花のような女の子(犬だけど)だったとおかあさんも思います。

02241


02242


02243


02245


どれだけ慰められたことでしょうか。
本当にありがとうございました。

02244


今、内裏雛のように並んでいるTeaとMilkteaへ、
いつもの朝がくる事の幸せを、ありがとうって伝えてます。

02248


2013年9月8日 まだお外では1、2歩しか歩けなかったみるく。
木漏れ日の中に立つその笑顔に、どんな境遇にも負けなかったあなたの強さを思います。
あなたは早春に芽を出すお花なのでしょう。

プロフィール

rino

Author:rino
船橋市在住

Tea♂=僕→主役
2000年2月生まれ
2012年6月虹の橋へ

Milk Tea♀=僕の妹
2013年7月保護犬として預かり
2013年9月家族となりました

ねね→僕のお姉ちゃん
ばば→僕のばあちゃん
ママ=私→管理人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。